京都行楽

京都高雄の紅葉見納め2018.11.28椿名所平岡八幡宮

高雄病院(高雄よりバス10分京都市内側)に行ったのでそのままお散歩。

民家の軒先にもこんなに見事な赤モミジ。

近くの山には台風の爪痕がそのまま(;_;)

ここまでなるとは威力の凄さを感じます。

一駅奥へ歩いたら、あの石清水八幡宮よりも歴史の古い弘法大師創建1200余年の平岡八幡宮へ。

暖冬でも高雄は京の奥地なので、たいていの木のピークは少し過ぎていたけどギリギリ紅葉🍁

あいにくの曇り空だけど、予報は雨だったからこれでも幸運♪

それに暖かい。歩いてるとコートを脱いで持ったぐらい。

今日はちょうど「花の天井」特別拝観開催中。

本殿内は撮影禁止。お札所で拝観料を払うと、宮司さんが本殿近くの椿や野生動物、台風、自然災害、お参り、本殿修復についてなど詳しく30分お話しながら案内してくださる。

早口で頭ついていくの必死ですが(笑)とっても気さくな方です。

今日平日の夕方は空いていたのでなんと30分前の回も、私も1人だけでマンツーマン!

ありがたいお話を聞き雑念にまみれた私もちょっと心がきれいに(笑)

 

その後テントで大福茶を出していただき、用意されたアルバム拝見。

ここは椿の名所でもあり、1年間の花の写真も。

この白玉の語源になったという真っ白の椿を白く保つために、なんと毎晩ビニールシートを被せてらっしゃるそうです!頭が下がります。

参道が200メートルもあるので、ちょうど本殿脇の道を出ると一駅さらに奥のバス停に出ます。

ちょうど帰る頃に、宮司さんの「神さん泣き出さはった」の言葉と共に雨が振り始めました。

お散歩中は陽射しまでちらっと見えて待っていてくれたかのよう(^^)

 

一願成就の神様、願かけて来ました。

叶いますように☆

 

「花の天井」特別拝観は12/2まで。10-16時。

2019(平成31)年元旦〜3日は獅子展されるそうです。

※ブログは気軽にすぐ出せるように作品化しない写真だけで綴ってます。そのため本殿などは抜けてますが気長にお付き合いくださいませ(^^)