台湾

台湾高雄と言えば海鮮料理♪と黒糖ピザ&ドリンクカフ…

日本から台湾高雄に着いてチェックイン後、夜のメインで行きたい所へ行く前に時間があったので、

海沿いの鉄道や倉庫をリノベーションしたおしゃれなアート&ショッピングスポットへ。

 

まずは軽く腹ごなし。

台湾の漢字はちょっとよう出さないので英名もあったのでそちらで。

PASADENAという黒糖を使った品もあるカフェレストランへ。

海外のメニューって写真や文を見てなんとなーくで注文することって多いですよね。

その時実物が出てきて、へ〜っと驚く事ってわりとよくあって、それがまた楽しい(^^)

これ(写真左)は黒糖シロップの入ったグラスを店員さんが持ってきて、その場でペリエを注いでくれました。まさにへぇ〜!

そのまま出てきたらコーラ?な見た目ですが、空腹においしーい甘さと、ペリエの爽やかさも入って私は好み♪

家でもやろー!!っと思いました(^^♪

 

そして、かぶってはいるけど、まあいいのさ。名産品は食べる。黒糖ピザ。

表面少しパリッとしてて、ちょっとクレームブリュレを思わす感じもあり、わりと美味しかったです。

ただ量が多いので軽食としては2人で食べ物はこれ1品しか取れず少し単調ではある。

数日の台湾でイタリアンメニューとかわざわざ頼もうと思わないたちなのでいいんだけど。

 

その後、夕刻〜イルミの港倉庫群をうろつき、撮りつつ、手作り雑貨や台湾高雄土産を見る。

一眼で撮った辺りは今は端折って、その日の目的地も果たし、

晩御飯。

 

ほんとは写真中央右の〈虫ヘン〉の海鮮料理名店を狙っていた。

高雄だしちゃんとしたいい新鮮な魚介食べたいなと。

行くと内装は日本なら軽く1万はしそうなゴージャス店。でもガイドブックで予算2000円ぐらいと読んでいた。

(こちらはもう一冊持っていた昔のガイドブック情報なので、どうも他の台湾の物価の変動を今回の旅で見ていると、もっと高いかもしれません)

だけど、時間がラストオーダー何時だろ?っていうギリギリの8時過ぎにしか行けず残念ながらアウト(ToT)

まあ、旅にはこーゆーの付きものなんですが。

蟳之屋
https://goo.gl/maps/LSquchv35nP2

 

仕方ないのでそのお店の人に、じゃあこの辺で他にカニ食べれる店ある?と聞く(笑)

お店の受付女性2〜3人で相談してくれて、そこへ日本語のできる支払いの終わったおっちゃんまで飛び入りして来てくれて、

ちょうど歩いていける近くの店を教えてくれる。先程の地図に「代わりに行った」と書き込んだ『海味』さん。

屋台風の路面店で、英語もほとんど通じないのでグーグル翻訳さんや筆談を交えながら、

生の実物海鮮を見て、調理方法を相談。

上の方にあったいくつかの写真を見て選んでも良かったんだとあとから気づく。ガイドブックなどの料理写真を見せてもできるものがあるかも?

 

飲み物は冷蔵庫から勝手に1リットル近いのをほんまにこれでええのん?と思いながら出して確認してOK(笑)

ほろっと渋みもあり案外美味しいこのジュース。苺とは絵が違う。山査子?漢字が違う、クランベリーにも近いけど違うような。蔓(つる)の苺なんだな、きっと(笑)

目的のカニ!食べれて満足!美味しゅうございました(๑´ڡ`๑)◎

エビは茹でただけ?で薄くて、トータル量が思ったより多かったので沢山残しちゃいました△

青菜にんにく炒め⦿

付き出しのきびなご◯ふつー?

 

下の写真

白身魚のにんにく蒸し?⦿臭みとか一切無いです。

その横のはこれまた付け合せなのか出てきたゴボウの素揚げ!でも少し甘くて。こんなメニューは初めて食べたけど美味しい!◎

余ったのでビニール袋に入れて持ち帰り次の日のお菓子に。

ホントはエビとホタテで何か1品と気楽に頼んだのだけど、なぜか海老は「原味(オリジナル)でもう味ついてるから?そのままじゃないと無理」みたいな感じで言われたので、じゃあと別で頼んで量が多くなっちゃったホタテの料理。

「炒」って字を書いたような気もするんだけど、出てきたのは素揚げ!これまた初めてで嬉しい😄

台湾らしい黒胡椒のちょいピリ辛。しかも贅沢にこの量!やっぱ台湾ご飯いいわー。

で、お腹は充分一杯なのに、食べながら調べてみると、この店案外知られた口コミでも高評価の店!

ありがとう、さっきのお店の人🤩

そして多くの人が口コミで書いているのが「絶品ウニチャーハン」

………そんな事言われたらねぇ〜

はい、頼んじゃいました(笑)

ええ、もちろん美味しかったです。香ばしくほんのり甘くコクがある食べたことない味。

 

私はお腹も減ってて、さっきの店でラストオーダー過ぎてて、なんとなく焦って、旅程的にも体疲れるのであまり長居するつもりがなかったので、日本の量感覚がまだ抜けないまま初めにまとめて頼んじゃいましたが

付き出しや付け合せ分、そしてエビや貝柱のように予想より多い内容の品もあるので控えめに頼んで追加でもいいと思います。

金額はこれで(2人分としては多過ぎ量)台湾の路面店というイメージからは予想できない、関西だと普通の創作レストラン価格ぐらいの1850台湾ドル(8000円弱)。

でももちろん新鮮で美味しかったので満足です。

日曜21時頃でも地元の人でほぼ満席でした。

海味澎湖平價活海鮮
No. 214, Minsheng 1st Road, Xinxing District, Kaohsiung City, 台湾 800
+886 7 282 3131
https://maps.app.goo.gl/fPBzv

いい所を教えてもらって良かったです(^^)

こういう予想外の出会いも旅の楽しみですねー☆