京都街歩き

着物ショー「ファッションカンタータ」と京都駅和食ランチ

京都ファッションカンタータ

ファッションカンタータとプレビュー

京都駅ビルができた時からある着物ファッションショーのステージ、「ファッションカンタータ」

年々人気が高まり、今は一般抽選の倍率はなんと10倍以上。

なのに、ありがたい事に公式には発表されていないそのプレ・ビューに招待いただき行ってきました♪

一般はこの午後の4回。

午前のプレビューについてはネット上にも何も情報公開されてないようですね。

京都劇場ロビー

会場は京都駅ビルの京都劇場。

なんとなくここって使い勝手がよく好き。

ミスキモノさん達も。髪型かわいー。

帯も専門の方が結ぶと変わり結びでボリュームがあって、やっぱり華やか✾

こんな髪飾りつけてみたい❣

友禅アップ。美しい〜。黒地の着物って粋で良い。

ステージ内容

会場内は写真撮影禁止なので特に内容についてはなかなか情報がないですね。

今年のテーマは「平安幻想」

それにふさわしく、(うちき・十二単に似ていて、より簡易な日常着)から始まり、

「(古典)文学」「陰陽」「鬼」などのテーマに合わせて着物作家ごとの着物ショー、

そしてMARK JACOBS(マーク・ジェイコブス、幅広い分野で著名なデザイナー)の洋装ショーもありました。

ステージ両サイドに拡大映像が出るので、着物の細部も見やすいのが嬉しい😄

音楽ももちろんよく、緩急が見事。

ステージ上で風に舞うオーガンジーの大きな布に照明があたり、まさに幻想。素敵でしたー✨

ゲストの栗山千明さん(キル・ビル等にも出演の女優さん)も着物でランウェイ。昔はクールビューティーのイメージが強かった彼女ですが、笑顔が可愛かったです(^^)

知らなかったけど、ゲストにもう一人渡辺大さん、音楽が沖野修也さん、演出石橋義正さん。

そして!真っ暗な中から唄い始めが聴こえ、最後は会場を1つにする様な平原綾香の生Jupiter聴けました(≧▽≦)

これは感動❢ iPodに入れて聴いてたけど、まさか生で聴ける機会があるとはっ。

 

時間は意外に短く50分。

さほど興味のない男性にも飽きさせない内容だと思うので、

倍率さえ突破できれば、着物好きな奥様に内緒で応募して連れてってあげたら喜ばれるかもー♪

この日の京都駅

このイベントのおかげで京都駅の着物率は高くなってました(笑)

グランヴィアから自由通路に抜ける空中の道。地元民でもあまりここを通る機会はない。

改札はいつも通りでしたけどね。

自由通路で少しだけ関連展示。

美術館「えき」でも関連写真展をやってるようです。これらは6/30まで。

京都伊勢丹でランチ

そのあと伊勢丹の美々卯でランチ♪
美味しかったーーლ(´ڡ`ლ)

こんだけちまちま色々ついて2200円かなんか。

日本では当たり前のようにしてるけど、よくよく考えたら材料に人の手間、会場費考えたら安いよね?!外国人がリーズナブル!と驚くのもわかる気がした。

日本大丈夫か?!と思わなくもないんだけど、まあやはり食べる時は一消費者になるので、得したようなすごいご機嫌で食べてました😄

やっぱり生の舞台は何でも素晴らしいし、楽しい1日を過ごせました!感謝です!