スペイン南部

スペインアルハンブラ宮殿は予約制!アラブ衣装体験も♪

さて、今回の旅に行くきっかけになった

母の「死ぬまでに行きたいのはアルハンブラ宮殿」

じゃあスペイン南部なら白い村も行けるし、イスラム紋様も刺激的で好きやし行くかー、となり

ガイドブックを買ってきてパラパラめくっていたところへ、日程が急遽取れたから

5日後出発のため、4日間で手配することになった。

当然、やる事の順番は、ここ数年急に飛び立つことになっている私はいつも通り

 

飛行機予約✈

大雑把な駅と観光場所の地理を抑えて宿予約🛏

場合により現地長距離電車・バス予約🚝

荷造り👜

 

で、出発してから、移動中や待ち時間に

現地注意事項と交通・お金などの実務情報読み📖

観光場所読み📖

レストランガイド・メニューガイド読み📖

となる。

 

とーこーろーが!!それじゃいかん場合があった!

たまたま、ほんとたまたま、ふと気になって調べたところ、

 

アルハンブラ宮殿は基本チケット予約制、しかもその日見たら、

なんと2ヶ月先まで完売😱😱😱😱😱

 

え、ちょっと待って、アルハンブラに親を連れてくためにスペイン行くんだけど?!

旅程組んで飛行機も宿も抑えたんだけど??!!

頭まっしろ……

 

前日夜と当日朝8時券が窓口まで行けばある時もある、けど無いときもあるし、

あっても行列で買えないときもある、ってなんて不確実な事情なのっっ

目的地なのにそんなのには頼りたくない。

 

必死で、他の方法を考える。

入場チケット単体でなく、交通1日パスみたいなのとくっついてるのもダメ、

セグウェイ(立って乗る3輪のやつ)で周る市内観光付きツアーも売り切れ。

英語ガイドさんが付くたっかい1人1万以上するプライベートツアーがあるが、それにはチケットがついてるのかどうか不明なので

問い合わせと同時に、もうついてるなら申し込むとメール。(通常の入場料は2400円位)

さらにそれが入場券ついてない場合に備え調べると、1人1万円の英語のグループツアーの中に1人だけ空きが。うーん、最悪これに親だけ放り込むか……

でも問い合わせた方の返事待ちだな、と。

 

でもでも、もしかして、キャンセルとか追加発売とか出ない?!と販売サイトを1日2回ぐらい覗く。

ハラハラ、心配しながら、他の予約が要りそうな区間のバスとか調べながら荷造り。

 

すると!!

1日半後に出たーーーー(≧▽≦)!!!!!

き、奇跡だ(ToT)

ツイてる…☆

購入後、問い合わせてたけど返事まだ来てなかった所へキャンセルをすぐ出す。

後から現地のナイトツアー主催の日本人さんに聞いたところ、ちょうどその日がツアー会社などで余ったチケットが戻ってくる日だったと♪♪

 

たまたま幸運でしたが、ほんとつくづく前もって日程を計画できる方はもちろん、

直前派も大きな観光地は気をつけなあきませんね。バルセロナのサグラダ・ファミリアも今はそうなっているらしいです。

昔私が行ったときはふら〜っと当日その場で買ったように思うんだけど。

ユーロ統合による行き来の気楽さ、世界遺産ブーム、LCCの拡大、などで旅する人が増えてるんだなーと実感。

 

そうやって、手にできたプラチナチケットのように思える2400円のチケットを握りしめ、いざ!アルハンブラ宮殿へ🚕

私たちは裁きの門から入る。

敷地は横1km、縦700mぐらいで、普通の人で休憩入れて所要4時間半とか。

私は写真撮るし、お土産もお昼ご飯もゆっくりしたいし…とか考えて5-6時間見積もっていた。

実際は1箇所省いて、さらに最後思ったよりも閉まるのが厳密で時間切れで行けない部分が少し出て5時間だった(._.)

まずはカルロス5世宮殿。

こんな四角い建物なのに、中入ったら円形の中庭なの(゜o゜)

ここの入り口にミュージアムショップみたいなのがあり、すんごい惹かれる本やポストカードあったんだけど、

さすがにまだまだ広大な敷地歩かなきゃだしなーと諦め(;_;)

その後、チケットはメインのナスル宮殿への入場時間が30分毎にきっちり区切られているので、見晴らしのいいここで写真を撮ったり。

やっと来ました、のいい記念写真になりました(^^)

ナスル宮殿への入るための行列にもちょっと注意。行列から自分の番になった時、時間過ぎてると入れてもらえないという話も。

なのでいつから並ぶか?って少し心配で、近くにいた女子一人旅の子にも聞かれました。

早く並びすぎると、入り口であなたはまだだめと、ラインの横に避ける感じになります。

無事頃合いを見計らって入れた。

 

中に入ると、そのうち遺跡になってもいいような14世紀の建物なのに、色もそこそこあり、緻密な紋様がちゃんと残ってる!

これ、当たり前だけど全部手作業で1つずつ掘ったり、モザイクにしたりしてるのかと思うと気が遠くなる!!

幾何学模様なのに狂いもなく、神業。

イスラム建築の粋を集めたと言われるのが納得です。

もっと見所ーな構図のとことか、ほとんど一眼で撮っていたので、

それは作品写真のカテゴリでまたいずれm(__)m

建物内もすごいのに、立地がまたすごいから窓枠などから見える景色がすごく映えました!!

そして私達は体力的にきつかったのもあり行かなかったアルカサバって茶色い建物は一番古く9世紀築、さっきのカルロス5世宮殿は16世紀築なので

歴史に興味がある人、時代変遷に詳しい人にはそこも面白いポイントなんでしょうね。

広いお庭にはいろんな花が咲いてました。

 

そして、方向的に離宮庭園へ行く前に、先にお土産屋さんが4-5軒並んでます。

帰りは通らない所なので先にそちらへ。

 

まずはそのうちの一軒でアラブ衣装体験!(フラメンコ衣装もありましたが)

男女、子供服まであります。

それぞれ10数着からアクセサリーと共に好きなのを選び、髪飾りはつけてくれる。

何人で(同時に)やっても、プリント写真1枚から数枚、又はデジタルデータ7枚ぐらいで、20€前後。

 

えへへ(〃ω〃)こんな感じになりました。

ちょっとはハーレムの女っぽさ出せたかな(笑)

一瞬の間に、ハイ、こっち向いて!とかなので、顔作ってる暇ない(笑)

心もなかなか込められないです💧

それにマスクの位置がもう少し上なら良かったと思うんだけど、

これ、撮影途中に撮ってる人がぱぱっとつけてくれて、そのまま写真すぐ撮られて終わりなんです(ToT)

欧米人のどんな顔のサイズの人にも合う位置にゴムかクリップかついてるんでしょうね…大きいから下がるんです✕

こーいうレトロ写真に合うようなモザイクの額とかも売ってました。

最後は自分で遊んで加工してみた、違う色の服を選んでいたらどんな感じだったか写真。

昔の人は手で彩色してたのに、なんて便利な時代。

ピンクは中国やバリの衣装のとき選んだからと、今回は紺にしてみました。

白も迷ったんだけど。紫もアラブっぽいな。

 

私の時は待ち時間無しでした。

家族やカップルでやった人の写真もフォトスタンドに入っていて素敵だった〜。

うちの母は、私はいいわよって。

時間も全然かからず手軽にできるので、興味ある方はー♪