体験

手ぬぐいペイント1日体験で心理を自己分析!合作も♪

前に食とアートフェアで見かけて気になった作家gamaさんの、布にペイントするイベントに1年半行きたいなーと思ってて、

やっと先日タイミングが合って行ってきました❣

紙に絵は5歳のときから描いてたけど、キャンバス以外の布にはスタンプとペンで少し描いたことしかなかった。

紙に描いたもの↓もっとじっくり描くものや、パキッとしたもの、他の画材のものもあるけど、こんな勝手なのも。

伯父が着物の絵付け師だったり、スウェーデンホームステイ先のお家にあるほとんどの布が手織りや手刺繍だったりして、ずっと布は大好きな素材だった。

実は新卒就活で、大阪のある大手布メーカーさんのデザイナー内定も戴いた事があった。

(その節は、氷河期に、芸大でなく、一般大学の同志社美学芸術学専攻だと言うのに、例外で門を開けていただき、筆記、圧迫面接、実技のあと、重役面接でもとても優しいお言葉をかけていただき内定まで戴きましたのに、紙製品メーカーに進む事になり、本当に申し訳ありませんでしたm(__)m

でもとても貴重な経験でその後の人生にも影響してると思います。ありがとうございました。

当時電話の後、お詫びとお礼の手紙は出させていただいたものの、ずっと気になっており、これをどなたか関係者様が読まれたら…という思いで書いています。)

 

そんな布へ初めてちゃんと描く時間を取れて、機会があって良かった!

布専用の画材もほとんど持ってないし、手ぬぐいのような長さのあるものをひらけるテーブルも、ポストカード&写真屋さんの私は持ってないので。

こちらが出来上がった作品。

いつもの私とはちょっと違う。本流のまま行くならブルーの同系色でまとめたと思う。

でも珍しくミックスカラー!!

淡いパステルカラーや、明るい透明感はもちろん好きだけど。

 

今回のイベントはカラーセラピーや、そこから心理を詠むことも少し加えながら、お喋りしつつお茶しつつというものだったので、大学や今までに得た知識からこれを詠んでみる。

 

変わりたいという希望の心理を表す黄色、それが混ざっている黄緑が入っている。(確か小5、中2、大1、OL2年目辺り?に黄色が好きだった時代がある。強く変わりたいと願った頃)

そして明るいミックスカラー。

それらを同じトーンで調和させながら、並び合い、いくつも、いろいろある。

 

これ、まさに今の私ー!

8年位いろいろ頑張ってきたり耐えてきたりした事があって、その我慢の中で焦ることもあり、

溜まっていく用事や、やらなきゃいけない事もあり、全パワーでどーんと仕事や遊び、夢にぶつかれない事情がある。

でもそんな中でもコツコツと地味に作品を撮り、作り貯め、発信だけは欠かさずして来た。

そこへ今年に入って少しずつ、公式サイトにブログや作品集として載せられるようにしたり、環境を整えて来て

やっといろんな事が少しずつ動く気配を感じている。

我慢して封印していた夢も少しずつクリアにする作業をしていて。

 

仕事となんら関係の無いような、何にもならないように思われて来ていたであろう事、自分でも時々これでいいのかなと迷ったり反省したり嫌になったり焦ったりしていた事が、

その別々にバラバラに貯めてきた私という経験が、なんか相互に関係しあって1つの形を作ろうとし始めている。

よくぞこんだけ貯めてきたわ♪と実際役に立ち思えたシーンもあった。

 

今後もっと、これで良かったんだと思いたい。思えるように私の持つものを出していきたい。

この色たちはそんな私のかけらを集めた近い未来への夢なんだなと思った。

だから、初めてのことをするのに少し緊張もするし、慎重になる。

気合もいるから疲れたときにはあまり見るパワーも出ない(^_^;)
夢を見れたり、新しいお仕事にも取り掛かれる、普通かそれ以上のパワーのある時用。

 

実際、技術的にも慣れない布へ描くのは、思い通りに行かず難しい。

本当はもっと紙に描くときの様に、自由にぼかしたり滲ませたりしたかった。こんな感じに。

でも思った以上に布は速く水分を吸ってしまう。たっぷりの水で溶いた絵の具もしゅんっと吸われると、ぼかしづらかった。

これは経験を積んだらできるようになる。水加減、素早さ、筆の使い方など、

このあと余った時間でやったもう1つのワーク、合作では、それらを自然と習得されてる常連さんに助けてもらった(^^)

 

合作は、向かい合うもう1人のこの日の参加者さんと、同時に、遠慮なしのせめぎ合いとして、それぞれが好きに描く。

画材も、色も、モチーフも自由。もちろん打ち合わせ一切無し。

 

ところが、この日のお相手さんは、初めに部屋に入ってこられた時から、素敵な服にアクセサリー✨って思うセンスの人。

さっきまでお互いが描いていた物は全然違うのに(彼女もいつもの自分とは違うものを描いていたらしい)

キャラも違うのに、

いざ新しい白い手ぬぐいに描き始めると…

ウソみたいにピッタリ!!

私が描き始めた渦、彼女は自分の作品に入れたくて描けなかったものらしく、

彼女の使い始めた水色は私がある中で1番使いたい色(゜o゜)

それを見て私はこの色に、他の色を足すならあの青、と思った途端、

彼女がその色を次に塗り始めた( ゚д゚)

じゃあもうやることないなー、んー強いて言うならこれに足すならシルバーと思って次私が足すと、

なんとシルバーは彼女がいつも最後に入れる色だったと言うΣ(゚Д゚)

こうして制限時間10分だったはずなのにものの3分ぐらいで2人とも

もういいわ(これで完成)と。

自分で言うのもなんだけど、完全な調和だと思う。誰か1人で仕上げたかの様。

こんな事ってあるんだなーとちょっと感動。

 

さっきまでお互い、いつもの自分とは違う「挑戦・夢・希望」を描いていたから(彼女もそうらしく)

その反動で、好きに描いていいよ、と言われた瞬間「素」が一気に出たのかなー?

私はのびのびと、解放された感じで一気に描きました。彼女もなのかな?

 

頑張る新しい挑戦や夢も、本来の自然な自分らしさも、

どっちもバランス良くあるといいなと言うことかな。

 

そして常連さんのぼかし技量がありがたい(^^)

出来上がった作品は縦裂きにしてそれぞれお持ち帰り♡

なんとも新鮮で、久しぶりに創ることに没頭できた貴重な時間でした!

みなさんも時間や場所が合う人はこういったワークに参加もいいですし

手ぬぐいに絵の具はなかなかできなくても、ちょっとした色と心理に対する知識を仕入れれば、

家で紙と色鉛筆かカラーペンなどで自由に描くだけでもできるので良かったらいかがですか?