京都行楽

伝統的建築物の中で華道展

これ以上無いような素敵な会場、京都祇園甲部歌舞練場で

華道小原流京都支部創立90周年記念花展が行われました。

街で花が咲きそろう前の季節だから、春先取り気分がすごく嬉しい😆

大好きな水盤(^^)

余白部分がいいんです。あーまた生けたいな。

あ、昔やってたんです。小原流。

 

これもすごく好きだった↓

ちょっと照明の加減もあり見たときより赤味が強く写真では出てしまっているな〜。

作品化する写真ではないので補整せずそのまま。

かわいくてきれい♡

 

ちなみにこちら家元作品。

 

大作結構ありました。

間で2階からお庭も眺められます!!

うーん気持ちいい♪

会場内も花の香りと潤った空気で幸せ感たっぷり✾

洋風なお部屋も。影がいいんだよねえ〜。

葉や花の先への伸び方、空間(余白)の中に生きている感じとかも。

昔、生け花やろうと思った時、

近所の文化サロンでやっている10種ぐらいの生け花&フラワーアレンジメントの流派と先生を2週間かけてやっている日に見学して回り、

その中で1番ぴたっと来たのが小原流でした(^^)

これも特別好きな琳派の生け方。

 

最後は大好きな芍薬(品種によって似てるから牡丹の可能性もあり^^;)の大輪に、桜と柳で締め。

たーっぷり美や花を求める感性に栄養を与えて潤って帰ってきました(*˘︶˘*).。.:*♡

お花が好きで、花展に行かれたことない方は、時々デパートなどでも各流派がやっていますから是非一度〜(^^)

日本に華道というものがあってほんと良かった!